【つみたてNISA】投資初心者がつみたてNISAを1年間やってみた結果。【2021年版】

資産運用
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Jack
Jack

どうもどうもJackです。

今回は投資初心者の私がつみたてNISAを始めて1年間経ったので結果を報告していきます。(正確に言えば2021年の積み立てが完了した。)

最初はどうなるか不安でしたが、結果はなかなかの好成績でした。

我が家は私とまめ(妻)2人でつみたてNISAを2021年から始めました。

私はわけあって5月からeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を毎月5万円ずつ積み立てました。(つみたてNISAの年間非課税枠40万円使い切るように増額設定をしました)

一方、まめ(妻)はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を3月から毎月4万円を積み立てています。こちらも上記理由で増額設定をしました。

スポンサーリンク

1.【結果】2021年つみたてNISA

1.1.eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2021年12月30日時点
  • 投資額:400,000円
  • 評価額:455,212円
  • トータルリターン:+55,212円(+13.80 %)

利率が+13.80 %はかなり良いですね。

平均的な利回りが5~8%くらいということを考えると、マイナスで終わる年もあることも今から考慮しておいた方が良いかもですね。

2021年の米国株式は絶好調だったので、5月より早い段階で運用を開始出来ていれば更に高いリターンでしたが仕方ないですね。

2021年のトータルリターンは40%を超えていたようです…驚異的!

1.2.eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

2021年12月30日時点
  • 投資額:400,000円
  • 評価額:444,681円
  • トータルリターン:+44,681円(+11.17 %)

こちらも利率が+11.17 %と好調でした。

この投資ファンドは6割が米国株式で構成されているので、米国の株式市場に左右されますね。

逆に上記のように米国株式だけのファンドの方が好成績ということを考えると、他の株式市場が足を引っ張っているというところでしょうか。

スポンサーリンク

2.つみたてNISA運用を振り返り2021年

2021年が投資初挑戦の年でした。

私とまめ(妻)で別銘柄の投資信託に積み立てをして、結果的に年間通してプラスで終われたことは初心者にとってかなりの良いパターンだったと思います。

投資を始めた年の1年がマイナスで終わってしまうとメンタル的にしんどいですよね…

「投資なんてしなければよかった!」と思い市場から退場してしまいかねません。

投資で重要なことは『市場に居続けること!』らしいです。

2.1.つみたてNISA開始は5月までが楽天ポイントの恩恵ギリギリセーフ!

私はわけあって開始が5月からになってしまいました。

楽天証券のクレジットカード払いの上限が5万円。

つみたてNISA非課税枠が年間40万円なので、5月からだと、12月まで8ヶ月間で毎月5万円の積み立てとなりギリギリクレジットカード払いが可能な期間になります。

楽天ポイントをもれなく頂きたい方は、5月までに運用開始されると取りこぼしがないです。

それ以降でも早めに始めることで運用期間が長くとれる分、複利の恩恵を多く受けられます。

スポンサーリンク

まとめ

2021年つみたてNISA結果

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 投資額:400,000円
  • 評価額:455,212円
  • トータルリターン:+55,212円(+13.80 %)
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • 投資額:400,000円
  • 評価額:444,681円
  • トータルリターン:+44,681円(+11.17 %)
Jack
Jack

2021年は米国株式が絶好調だったので、プラスで終われて何よりでした。

2022年は米国株式が不安要素満載ですが、現在のペースでコツコツ積み立てていく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました